従来のシワコスメのように、コラーゲンやヒアルロン酸などで皮膚表面の角質層に水分を補って、皮膚を膨潤させて小ジワの凹凸を緩和させる潤い保湿系とはまったく異なります。
さらに、プチ整形のように、コラーゲン、ヒアルロン酸充填物を注入して皮膚を膨張させてシワの凹凸を目立たなくする充填膨張系。あるいは、美容外科整形のように お顔にメスを入れてシワ皮膚の凹凸部分の 皮膚を引っ張って人為的な張りを作り、目立たなくする引っ張り系とも異なります。

リメモは今までの部分的なシワ・皮膚の凹凸対策とは根本的に違います。皮膚を物理的に引き締めて肌本来の張りバランスを取り戻すことでシワや皮膚の凹凸を目立たなく見せます。そして、お顔全体を若々しいイメージに変えるために、目の周り、口周り、アゴ周り、鼻の形やホホのラインをスッキリ引き締めて、新しい肌感覚としてお肌に記憶・定着させて、シワや皮膚の凹凸の目立たないお肌を目指すための造形メイククリームです。

従来の方法、皮膚を膨潤膨張させる引っ張ることは皮膚を伸ばしてしまい、シワの原因である皮膚の凹凸を放置する、あるいは、緩みを大きくしていることになります。そのため、お肌に潤いがなくなると、すぐにシワが目立つようになります。また、皮膚を膨張させていた充填物が数ヶ月で無くなると表皮が緩み、シワが施術前よりひどくなったと感じる人が多いのも事実です。 皮膚を切除して 引っ張ると皮膚が薄くなり、弾力や伸縮性に余裕が無くなるために、表情が乏しくなって能面顔になる人もいます。「シワを伸ばす」と言いますが、シワは皮膚が伸びてたるんだ結果に起きるお肌の形状・痕跡ですから、シワを伸ばすには「シワを引き締める」ことなのです



私達の肌は、実は、赤ちゃんの時から顔の皮膚の奥(目の周り、口周り)に表情を作るためのシワや溝が用意されています。20代から皮膚の弾性線維や表情筋などが衰えて緩んでくると、表情を作らなくても目の周りや口周りにシワや溝が固定されて目立つようになります。シワや皮膚の凹凸はお肌の表面の変化ではありません。皮膚内部から起きてくる構造変化です。
               
リメモはシワの原因になるお肌の凹凸などを物理的に引き締めて、お肌がハリや弾力を取り戻すためのサポートをします。
あまり知られていないようですが、シワや皮膚の凹凸が出来てくると、お顔の輪郭の緩みや歪みで、目の周り、口周り、アゴ周り、鼻の形やホホのラインがもったりして、人相まで悪く見られ、年齢以上に老けた印象で見られます。
リメモは、シワや皮膚の凹凸は永い間にお顔に記憶されて定着した肌の癖であるという考えから研究してきました
 



@ シワや皮膚の凹凸を目立たなくする機能

  つけた直後から、気になる部分を引き締めて肌にハリを造り、 シワや皮膚の凹凸で歪んだ形状を5分前後で目立たなく造形メイクします。(使用中は約6時間〜8時間シワや皮膚の凹凸を目立たなく補正します。)※働きには個人差があります。

A お肌の弾力やハリのバランスを正常に整える機能。

  薄く、脆くなってたるんだ目の周りなどの皮膚をリメモで約6〜8時間引き締め、補強して弾力や張力のバランスを正常に整えます。※働きには個人差があります。

B 引き締める機能         

  目じりやホウレイ線などを引き締めます。※働きには個人差があります。

C 輪郭を引き締めて美しく見せる機能。

  目の周り、口周り、アゴ周りなどを引き締めて、鼻の形やホホのラインをスッキ補正する。補正下着のように皮膚の凹凸や歪みを立体的に引き締め、お顔の輪郭をコントロールして一日約6時間〜8時間固定させてお顔全体を美しく見せます。※働きには個人差があります。

D @〜Cをお肌に繰り返し働きかける機能。

  そのまま、繰り返し働きかけることで、シワや皮膚の凹凸の目立たない肌を目指す、メイクする専用クリームです。


20代〜30代の女優さんが老女の役柄を演じるときに皮膚を引き寄せてたるみや溝を造り、固定させる特殊メイクで人為的にシワや皮膚の凹凸を作ります。

撮影で1〜2週間同じ老女メイクを続けると、女優さんの顔に本当のシワや皮膚の凹凸が出来てしまいます。毎日、同じ場所にシワや皮膚の凹凸を作ると、肌がその感覚を記憶して覚え込んでしまうのです。だから、逆に人為的にシワや皮膚の凹凸の無い感覚を繰り返し働きかけることで、若々しくキレイで居られるはずと言う発想です

リメモは、この肌の不思議な適応能力を逆利用するために、強い引き締め力でお肌に定着したシワや皮膚の凹凸形状を壊して、新しい平滑なお肌と引き締まったお顔の輪郭に補正して固定します。お顔全体を造形メイクします



医師による外科手術をせずに、リメモクリームの物理的な性質によって皮膚を収縮させ、シワを目立たなくするリメモクリームは有用である」 皮膚学会 (論旨抜粋)
1992年2月、日本臨床皮膚外科学会(グアムに於いて)で国際的に活躍している皮膚専門医の先生により発表。1992年6月、日本香粧品学会(東京・ヤクルトホールに於いて)で大学病院の著名皮膚科専門医の先生方により「臨床からのアプローチとして」紹介されました。リメモは、手術の傷跡を消すための基礎研究から生まれた造形メイククリームです。



シワは皮膚の凹凸の一部です。皮膚の凹凸が無くなればシワは目立たなくなるのです。
リメモクリームは天然ミネラルのケイ素・そのケイ素誘導体の微粒子状シリカと水分が結合してクリーム成分1g中に約300兆(3×1.000.000.000.000.000)個の含水ゲルとして閉じ込めています。つけた直後から、水分がお肌に吸収されると、皮膚に密着したクリーム成分中の無数の含水微粒子状シリカどうしが表面張力とイオン結合の働きで引き寄せ合って新しい透明な人工皮膚を作るように網目状のネットワークを造り、 周囲の皮膚層どうしを物理的に強く引き寄せて、 お肌の張りバランスを正常に保つため凸部は引っ込めて、凹部はふっくらと持ち上げてお肌を平滑にしながら収縮させていきます。そのためにシワや皮膚の凹凸が目立たなくなるのです。しかもその造形作用は約6時間〜8時間持続します。



リメモはお肌にメスや針を入れる美容整形、プチ整形とは異なり、自然の物理的な働きでシワや皮膚の凹凸を目立たなくして、シワや皮膚の凹凸のでき難い肌を目指す造形メイクコスメでフランスの特許になりました。



リメモの年代別モニター調査で、最高イメージ年齢差20才位若返って見えるというデーターが出ました。    
(モニター調査2005年5月8日〜2005年8月1日)

リメモの年代別モニター調査(年代別女性、各10人の自己申告の平均値)
60代〜70代は7.5才〜20才位の若返りイメージ
40代〜50代は5・5才〜20才位の若返りイメージ
20代〜30代は3・5才〜8・0才位の若返りイメージ
※リメモクリームをご使用歴1ヶ月目〜16年目までのお客様

お肌の凹凸をピーンと張ってシワを目立たなくすると5才〜10才は若々しく見えます。さらに、補正下着のように、皮膚の凹凸を引き締めてお顔の輪郭を引き上げ、目鼻立ちをスッキリさせて固定させることで、プラス5才〜10才は若い表情になります。

本当の美しさは内面から輝く品性ですが、お顔ほど相手に与える印象が強いものはないでしょう。
キレイになることは心を豊かにすると信じています。
         「リメモ」の真実はサンプルで!


サンプルご請求・お問い合わせはコチラ